質物(読み)しちもつ

精選版 日本国語大辞典「質物」の解説

しち‐もつ【質物】

〘名〙
に入れる物。しちぐさ。しちもの。しちもち。
※正倉院文書‐続修二一・宝亀三年(772)二月二五日・丈部浜足月借銭解「質物家壱区」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「利を得るにして工(たくみ)て置捨の質物(シチモツ)万の似物」
② 日常の生活に必要な品物。物品。
※太平記(14C後)三五「家中に毎事倹約を行うて、一切の質物(シチモツ)共も古き物を用ふ」
③ 人質。
※三河物語(1626頃)三「若御用心之儀も思召可有候へば、母にてまします人を、岡崎迄しち物に可進と被仰て」
④ キリシタンで、信仰の証しとなるもの。
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)三「コレ スナワチ エラビイダサレタマウ ヒトビトノ アイジルシ、ヲワリナキ クヮトクノ xichimot(シチモツ) ナリ」

しち‐もの【質物】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「質物」の解説

しち‐もつ【質物】

質に入れる品物。質草質種

しち‐もの【質物】

しちもつ(質物)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「質物」の解説

【質物】しちぶつ

抵当物

字通「質」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の質物の言及

【質】より

質権
[古代]
 律令法における質は,占有質と無占有質(こんにちの質と抵当)とを含んだものであり,また動産質と不動産質を区別していなかった。奈良時代の月借銭(げつしやくせん)などでは,動産,不動産が質物としてあげられている。ただし,不動産質である田宅の質入れを禁止する法令が751年(天平勝宝3)以後何度か出された。…

※「質物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android