コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質物 シチモツ

世界大百科事典内の質物の言及

【質】より

質権
[古代]
 律令法における質は,占有質と無占有質(こんにちの質と抵当)とを含んだものであり,また動産質と不動産質を区別していなかった。奈良時代の月借銭(げつしやくせん)などでは,動産,不動産が質物としてあげられている。ただし,不動産質である田宅の質入れを禁止する法令が751年(天平勝宝3)以後何度か出された。…

※「質物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

質物の関連キーワードフサノリ(房海苔)オリストストロームポリグルタミン酸縞状鉄鉱鉱床アラビノース質倉・質蔵とろろ昆布ルリヤナギ縞状鉄鉱層質権設定者ジュンサイ居消質奉公サトイモ質に取る政所沙汰分一徳政質奉公粘稠乳流れ質ユレモ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android