質量輻射(読み)シツリョウフクシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

しつりょう‐ふくしゃ シツリャウ‥【質量輻射】

〘名〙 恒星内の高温部で、物質が焼けつくして放射エネルギーに転換するという過去の仮説。質量がエネルギーの一形態であるという相対性理論をもとに考えられ、天文学上大きな役割を果たした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android