コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ちゃんの鼻づまり あかちゃんのはなづまり

1件 の用語解説(赤ちゃんの鼻づまりの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あかちゃんのはなづまり【赤ちゃんの鼻づまり】

 赤ちゃんの鼻づまりの原因は、かぜ、鼻炎(びえん)、鼻くそ、鼻が構造上狭いことなどです。
 もともと狭いところに炎症が加わると、鼻の粘膜(ねんまく)が腫(は)れて鼻の中がさらに狭くなり、鼻水が出て、鼻づまりがひどくなります。そして、鼻がつまるとよく眠れなかったり、ミルクがうまく飲めなかったりします。
 鼻づまりがひどいときは、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)で鼻処置を受けましょう。処方された点鼻薬(てんびやく)を使用するのも効果があります。
●日常生活の注意
 部屋の中が乾燥しているのはよくありません。鼻の粘膜の表面が乾き、鼻くそができやすくなるからです。鼻の中が少し湿っている入浴後に、綿棒で鼻そうじをしてあげましょう。
 赤ちゃんの鼻づまりは、ほとんどが成長とともによくなっていきます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

赤ちゃんの鼻づまりの関連キーワード赤ちゃん返り誤飲鼻炎赤ちゃん三ちゃん農業ちゃんちゃんこ赤ちゃん言葉小っちゃい点鼻剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone