コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ちゃんの鼻づまり あかちゃんのはなづまり

家庭医学館の解説

あかちゃんのはなづまり【赤ちゃんの鼻づまり】

 赤ちゃんの鼻づまりの原因は、かぜ、鼻炎(びえん)、鼻くそ、鼻が構造上狭いことなどです。
 もともと狭いところに炎症が加わると、鼻の粘膜(ねんまく)が腫(は)れて鼻の中がさらに狭くなり、鼻水が出て、鼻づまりがひどくなります。そして、鼻がつまるとよく眠れなかったり、ミルクがうまく飲めなかったりします。
 鼻づまりがひどいときは、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)で鼻処置を受けましょう。処方された点鼻薬(てんびやく)を使用するのも効果があります。
●日常生活の注意
 部屋の中が乾燥しているのはよくありません。鼻の粘膜の表面が乾き、鼻くそができやすくなるからです。鼻の中が少し湿っている入浴後に、綿棒で鼻そうじをしてあげましょう。
 赤ちゃんの鼻づまりは、ほとんどが成長とともによくなっていきます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android