コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点鼻薬 てんびやく nasal drops

4件 の用語解説(点鼻薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点鼻薬
てんびやく
nasal drops

鼻内に注入する薬剤。血管収縮剤,血管拡張剤,収斂薬,潤滑剤,抗生物質局所麻酔薬抗ヒスタミン剤ステロイド剤など多くの種類がある。最もよく用いられるのは血管収縮剤で,慢性鼻炎などで鼻閉の強いときに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんび‐やく【点鼻薬】

点鼻剤

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんびやく【点鼻薬】

消炎・収斂・殺菌などの目的で鼻腔に直接投与する液剤。薬剤が最初に肝臓で不活性化されるのを防ぐための投与形態。噴霧して用いる場合もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点鼻薬
てんびやく

消炎、収斂(しゅうれん)、殺菌など医薬品の局所作用を利用するか、または鼻粘膜から吸収させて全身作用を利用する目的で鼻腔(びくう)に用いる液剤。滴剤、噴霧剤、洗浄剤の形で適用される。溶剤としては普通、生理食塩液が用いられる。硝酸ナファゾリン点鼻液は血管収縮作用を有するところから、慢性鼻炎による鼻閉塞(へいそく)に用いられる。デスモプレシン点鼻液は鼻粘膜から主薬を吸収させ、中枢性の尿崩症の治療に用いられる。クロモグリク酸ナトリウム(抗アレルギー剤、「インタール」)もインサフレーターという特殊な点鼻用噴霧器を用いて投与される。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点鼻薬の関連キーワード血管拡張薬血管内治療血流依存性血管拡張反応血流依存性血管拡張反応検査血管拡張血管収縮出血性毛細管拡張症ダストル‐モラーの法則血管収縮薬冠血管拡張薬

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

点鼻薬の関連情報