コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点鼻薬 てんびやくnasal drops

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点鼻薬
てんびやく
nasal drops

鼻内に注入する薬剤。血管収縮剤,血管拡張剤収斂薬潤滑剤抗生物質局所麻酔薬抗ヒスタミン剤ステロイド剤など多くの種類がある。最もよく用いられるのは血管収縮剤で,慢性鼻炎などで鼻閉の強いときに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんびやく【点鼻薬】

消炎・収斂・殺菌などの目的で鼻腔に直接投与する液剤。薬剤が最初に肝臓で不活性化されるのを防ぐための投与形態。噴霧して用いる場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点鼻薬
てんびやく

消炎、収斂(しゅうれん)、殺菌など医薬品の局所作用を利用するか、または鼻粘膜から吸収させて全身作用を利用する目的で鼻腔(びくう)に用いる液剤。滴剤、噴霧剤、洗浄剤の形で適用される。溶剤としては普通、生理食塩液が用いられる。硝酸ナファゾリン点鼻液は血管収縮作用を有するところから、慢性鼻炎による鼻閉塞(へいそく)に用いられる。デスモプレシン点鼻液は鼻粘膜から主薬を吸収させ、中枢性の尿崩症の治療に用いられる。クロモグリク酸ナトリウム(抗アレルギー剤、「インタール」)もインサフレーターという特殊な点鼻用噴霧器を用いて投与される。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

点鼻薬の関連キーワードクロモグリク酸ナトリウム塩酸テトラヒドロゾリンケトチフェンフマル酸塩かぜ症候群(普通感冒)ナファゾリン塩酸塩赤ちゃんの鼻づまり子どものかぜ症候群硝酸ナファゾリン子どもの急性鼻炎寒暖差アレルギー点鼻薬と副作用思春期早発症ドライノーズストナリニ薬物性肺炎肥厚性鼻炎体外受精嗅覚障害殺菌肝臓

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点鼻薬の関連情報