コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤パン黴 アカパンカビ

2件 の用語解説(赤パン黴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐パンかび【赤パン×黴】

子嚢菌(しのうきん)類、アカパンカビ科のカビ。焼いたパンやトウモロコシの表面に多く生える。遺伝学の研究材料にする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかパンかび【赤パン黴】

子囊菌しのうきん類タマカビ目のかび。トウモロコシの芯しんやパンなどに好んで生え、菌糸の先端に多数の橙黄色の分生子を作る。有性生殖による胞子は黒色。遺伝学の実験材料として知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone