コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤坂忠時 あかさか ただとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤坂忠時 あかさか-ただとき

?-1746 江戸時代中期の装剣金工。
江戸赤坂にすむ。京都の鐔(つば)商人雁金屋彦兵衛(かりがねや-ひこべえ)の子。鐔工(たんこう)の赤坂派2代忠正の養子となり,のち4代をつぐ。鉄の透かし鐔の伝統を継承し,赤坂派発展の基礎をきずく。以後9代まで忠時を名のった。延享3年死去。通称は彦十郎。後名は忠宗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤坂忠時の関連キーワードフェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学三大名作塙保己一歌体約言

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android