コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外放射 せきがいほうしゃ infrared radiation

2件 の用語解説(赤外放射の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外放射
せきがいほうしゃ
infrared radiation

低温の物体から放出される電磁波の一種で,可視光線の長波長側の端(約 780nm)から数千μmまでの波長範囲のもの。プランクの放射式によって,物体の出す放射は温度が低くなるにつれて長波長側にずれることがわかっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきがいほうしゃ【赤外放射】

赤外線の波長をもつ放射。太陽放射エネルギーのうち約半分は近赤外域の放射であるが、一般には大気や地表面の放射を指す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤外放射の関連キーワード自然放出熱電子熱放射不可逆変化放射放射伝熱放射熱恒星風電磁波セキュリティーレーリー散乱

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤外放射の関連情報