コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外放射 せきがいほうしゃinfrared radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外放射
せきがいほうしゃ
infrared radiation

低温の物体から放出される電磁波の一種で,可視光線の長波長側の端(約 780nm)から数千μmまでの波長範囲のもの。プランクの放射式によって,物体の出す放射は温度が低くなるにつれて長波長側にずれることがわかっている。低温の地球表面や大気が放出している放射はすべてこの赤外放射である。高温の太陽からは可視光線や紫外線が放出されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきがいほうしゃ【赤外放射】

赤外線の波長をもつ放射。太陽放射エネルギーのうち約半分は近赤外域の放射であるが、一般には大気や地表面の放射を指す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤外放射の関連キーワードセマティックマッパW.M. ユリウス極軌道気象衛星サーモグラフィ温室効果ガス海洋観測衛星水蒸気画像衛星気象学赤外線電球金星探査機衛星海洋学シーサットERS地中温度プランク地球放射放射冷却赤外画像雲頂温度温室効果

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤外放射の関連情報