コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外放射(読み)せきがいほうしゃ(英語表記)infrared radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外放射
せきがいほうしゃ
infrared radiation

低温の物体から放出される電磁波の一種で,可視光線の長波長側の端(約 780nm)から数千μmまでの波長範囲のもの。プランクの放射式によって,物体の出す放射は温度が低くなるにつれて長波長側にずれることがわかっている。低温の地球表面や大気が放出している放射はすべてこの赤外放射である。高温の太陽からは可視光線や紫外線が放出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せきがいほうしゃ【赤外放射】

赤外線の波長をもつ放射。太陽放射エネルギーのうち約半分は近赤外域の放射であるが、一般には大気や地表面の放射を指す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android