可視光線(読み)かしこうせん(英語表記)visible radiation

  • visible rays, visible radiation
  • かしこうせん ‥クヮウセン
  • かしこうせん〔クワウセン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光が電磁波の一部であるということがわかってから,ほかの電磁波,特に紫外線と区別するために,人のに見える波長の光を可視光線と呼ぶようになった。可視光線の波長範囲は約 380nmから 780nm程度までで,約1オクターブになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電磁波のうちで,光として人間の目に見えるもの。波長が大体380〜810nm(ナノ)の範囲(人によって多少違う)で,波長の短い方から順に,すみれ(380〜430,以下単位nm),(430〜490),(490〜550),黄(550〜590),だいだい(590〜640),赤(640〜810)の色感を生じる。これより波長の短いものは紫外線,長いものは赤外線
→関連項目回折格子蛍光灯電磁波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

人間の目に光として感知される電磁波。波長が380ナノメートルの紫の光から780ナノメートルの赤い光までのもの。可視光。 ⇔ 不可視光線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

人が肉眼で光として見ることができる電磁波。波長は約380~780nm(ナノメートル)の範囲。波長の短いものから長い順に、・青・緑・黄緑・黄・黄赤・赤の光になる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人間の目に感じられる普通の光線。波長約七八〇〇~三八〇〇オングストローム程度で、単色光では赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順に波長が短くなる。可視線。
※近代絵画(1954‐58)〈小林秀雄〉モネ「太陽からやって来る可視光線は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ヒトの眼に見える電磁波.波長範囲は400 nm 弱から800 nm 弱,個人差がある.波長によって色感覚が異なる.紫380~430 nm,青430~490 nm,緑490~550 nm,黄550~590 nm,橙590~640 nm,赤640~770 nm.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

可視光線の関連情報