コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可視光線 かしこうせん visible radiation

5件 の用語解説(可視光線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可視光線
かしこうせん
visible radiation

光が電磁波の一部であるということがわかってから,ほかの電磁波,特に紫外線と区別するために,人の眼に見える波長の光を可視光線と呼ぶようになった。可視光線の波長範囲は約 380nmから 780nm程度までで,約1オクターブになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かし‐こうせん〔‐クワウセン〕【可視光線】

人間が肉眼で感じることのできる光線。波長が380~770ナノメートル程度で、太陽光線や電気の光などがこれに含まれ、波長の長短によって赤から青紫まで色の感じ方が違ってくる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

可視光線【かしこうせん】

電磁波のうちで,光として人間の目に見えるもの。波長が大体380~810nm(ナノ)の範囲(人によって多少違う)で,波長の短い方から順に,すみれ(380~430,以下単位nm),青(430~490),緑(490~550),黄(550~590),だいだい(590~640),赤(640~810)の色感を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かしこうせん【可視光線】

人間の目に光として感知される電磁波。波長が380ナノメートルの紫の光から780ナノメートルの赤い光までのもの。可視光。 ↔ 不可視光線

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かしこうせん【可視光線】

人が肉眼で光として見ることができる電磁波。波長は約380~780nm(ナノメートル)の範囲。波長の短いものから長い順に、紫・青・緑・黄緑・黄・黄赤・赤の光になる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可視光線の関連キーワード人間業人知天草の死戦/人間の剣 江戸編1異端者/人間の十字架part 2永遠の剣/人間の剣 昭和動乱編4大奥情炎/人間の剣 江戸編2最後の特攻/人間の剣 昭和動乱編2関ヶ原の雨/人間の剣 戦国編2添加の落胤/人間の剣 江戸編3本能寺の首/人間の剣 戦国編1

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

可視光線の関連情報