可視光線(読み)かしこうせん(英語表記)visible radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可視光線
かしこうせん
visible radiation

光が電磁波の一部であるということがわかってから,ほかの電磁波,特に紫外線と区別するために,人の眼に見える波長の光を可視光線と呼ぶようになった。可視光線の波長範囲は約 380nmから 780nm程度までで,約1オクターブになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

可視光線【かしこうせん】

電磁波のうちで,光として人間の目に見えるもの。波長が大体380〜810nm(ナノ)の範囲(人によって多少違う)で,波長の短い方から順に,すみれ(380〜430,以下単位nm),青(430〜490),緑(490〜550),黄(550〜590),だいだい(590〜640),赤(640〜810)の色感を生じる。これより波長の短いものは紫外線,長いものは赤外線
→関連項目回折格子蛍光灯電磁波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かしこうせん【可視光線】

人間の目に光として感知される電磁波。波長が380ナノメートルの紫の光から780ナノメートルの赤い光までのもの。可視光。 ⇔ 不可視光線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かしこうせん【可視光線】

人が肉眼で光として見ることができる電磁波。波長は約380~780nm(ナノメートル)の範囲。波長の短いものから長い順に、紫・青・緑・黄緑・黄・黄赤・赤の光になる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

可視光線の関連情報