コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外画像 せきがいがぞうinfrared image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外画像
せきがいがぞう
infrared image

気象衛星から地球を撮影した画像で,地球表面や雲から放射される赤外放射の強さに応じて濃淡を付したもの。温度の低いところを明るく(白く),温度の高いところを暗く(黒く)画像化している。ごく低い雲や霧は,赤外画像にはほとんど写らない。昼夜を通して均質な観測ができる。衛星の直下の赤道点付近での解像度は約 4km,観測波長帯は 10.3~11.3μm。(→ひまわり

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

赤外画像の関連キーワードクラウドクラスターCiストリークサーモカメラ雲頂温度対流雲バルジ雲画像

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android