コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線加熱

世界大百科事典 第2版の解説

せきがいせんかねつ【赤外線加熱 infrared heating】

赤外線の放射を利用する電気加熱の一方式。自動車などの塗装乾燥に用いられる赤外線電球は主として波長0.76~2.5μmの近赤外域を放射,家庭暖房にも用いられている表面温度の低いシースヒーターは主として2.5~1000μmの遠赤外域の放射を意図している。工業向けには後者の放射をねらった面状放射素子が開発されつつある。【市川 真人

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の赤外線加熱の言及

【電気加熱】より

…(4)高周波電界中に置かれた被熱誘導体(電気の絶縁物)中の誘電損に基づく発熱による誘電加熱。(5)赤外線放射による赤外線加熱。そのほか,電子ビームやイオンの衝突エネルギーによる加熱,レーザーによる熱加工もある。…

※「赤外線加熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android