コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気加熱 でんきかねつ electric heating

1件 の用語解説(電気加熱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんきかねつ【電気加熱 electric heating】

電気現象としての発熱原理を利用する加熱方法。略して電熱ともいう。外面からだけでなく被熱物内部から発熱させることができる,目的に応じ均一加熱も局部加熱も,また,真空,高圧ガス体中などの加熱も可能である,温度制御が容易にできる,燃焼加熱に見られる排ガスや燃えかすなどがない,2000℃以上の高温も得られる,などの特徴がある。応用面として,工業向けには,特殊鋼や普通鋼の電気製鋼,鋼の焼入れ,鋳物用鉄などの溶解,塗装乾燥,トランジスターなどの材料のゲルマニウムシリコン結晶の製造などに広く利用され,一般家庭向けには,電気こんろ,シースヒーター,電子レンジなどが見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気加熱の関連キーワード高周波加熱電気工学電気ロケット電熱器パスカルの原理誘導加熱誘導炉加熱器電気焜炉電気溶接

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気加熱の関連情報