真人(読み)まひと

日本大百科全書(ニッポニカ)「真人」の解説

真人
まひと

古代の姓(かばね)の一種。684年(天武天皇13)に定められた八色(やくさ)の姓の第一位にあたる(二位は朝臣(あそん)、三位は宿禰(すくね))。真人は元来真人(しんじん)という中国道教の用語によるものだが、八色の姓では「まひと」と読まれて、応神(おうじん)天皇以降の皇族の子孫の一部に与えられた。しかし奈良時代になると、皇親氏族は力を失っていったため、しだいに真人姓をとる氏族は減少した。

[原島礼二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「真人」の解説

ま‐ひと【真人】

天武天皇制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の第一位。皇族出身のに授けられた。まっと。

もうと〔まうと〕【人】

[名]《「まひと」の音変化》
まひと」に同じ。
貴人。また、人を敬っていう語。
「雲井より降りたるより、―に思ひ聞こえ給ふ人を」〈宇津保・菊の宴〉
[代]二人称の人代名詞。平安時代、目下の者をよぶ語。
「この姉君や、―の後の親」〈帚木

しん‐じん【真人】

真理を悟って、人格を完成した人。
道教で、理想とされる最高の人。俗世界を超越し、道の極致に達した人。仙人

ま‐うと【真人】

もうと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「真人」の解説

もうと まうと【真人】

[1] 〘名〙 (「まひと(真人)」の変化した語)
① 古代の姓(かばね)の一つ。まひと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 貴人、身分の高い人。また、人に対する敬称。
※神楽歌(9C後)小前張・蟋蟀・或説「しだらがまうとの 単衣(ひとへ)の狩衣 な取り入れそ ねたし」
[2] 〘代名〙 対称。中古、目下または同等の者に対して形式的な敬意を表わすのに用いられた。
※落窪(10C後)二「などまたまうとたちのかうする、いたうはやる雑色かな」

しん‐じん【真人】

〘名〙 真理を悟った人。神妙の域に達した人。また、世俗を超越した人。中国の老荘思想で道を体得した人。道教で仙人のこと、また道士の尊称。
※田氏家集(892頃)下・歎李孔「大周非人、真人謝匪躬
※浮世草子・近代艷隠者(1686)三「老人答て五躰則これ法身の都。内に心王をやすんずれば。則真人(シンジン)」 〔荘子‐大宗師〕

ま‐ひと【真人】

〘名〙 古代の姓(かばね)の一つ。天武一三年(六八四)に制定された八色(やくさ)の姓の第一位。最高の爵位で天皇の子孫に与えられた。もうと。まっと。
※書紀(720)天武一三年一〇月(寛文版訓)「諸氏の族姓を改て、八色(くさ)の姓を作て、天下の万の姓を混(まろか)す。一に真人(マヒト)と曰ふ」

ま‐うと【真人】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「真人」の解説

真人
しんじん
zhen-ren

中国の道家において理想とされる道を体得した人。『荘子』大宗師編では,無心に天命に随順し,すべてを自然としてそのまま受取り,一切の差別対立を離れて,万物斉同境地に生きる人をいう。のちに,神仙味にも用いられ,道教では,天上の世界で宇宙の最高神である元始天尊に仕える仙官のなかでも,高位の神仙の称号とされた。仏教では,真理 (法) を悟った人の意で,仏陀阿羅漢をさす。

真人
まひと

古代の (かばね) の一つ。天武朝の八色の姓 (やくさのかばね) の第1位。継体天皇以後の天皇の子孫に賜わった。制定当初は 13氏あり,増加して 60氏に上ったこともある。のちには臣籍降下した皇族に賜わったが,姓の制が廃止されて衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「真人」の解説

真人
まひと

684年,天武天皇が制定した八色の姓 (やくさのかばね) の第1位
皇族出身の諸氏に与えられた。皇親勢力重視を示し,天皇権力を確立するために新設された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「真人」の解説

しんじん【真人 zhēn rén】

〈五経に真の字なし〉といわれるように,〈真人〉も儒家では用いられず,もっぱら道家で用いられることば。《荘子》では根源的な〈道〉の体得者を意味し,〈神人〉〈至人〉もほぼ同義語。その後,すぐれて宗教的な概念に変わり,天上の神仙世界に想定された官府の高級官僚,天上の神の命令をうけた地上の支配者,仙道修行者などを意味するようになった。仏教では羅漢訳語として用いる。【吉川 忠夫】

まひと【真人】

八色の姓(やくさのかばね)の一つ。継体天皇以降の天皇の近親で,公()(きみ)姓を称していた皇別氏族に授けた。《日本書紀》天武13年(684)10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す。一つに曰はく,真人〉とあるように,684年10月に制定。その当初に真人の姓を授けられたのは,守山公,路公,高橋公,三国公,当麻公,茨城公,丹比公,猪名公,坂田公,羽田公,息長公,酒人公,山道公の13氏。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の真人の言及

【神仙説】より

…神仙説の萌芽は戦国時代(前3世紀)に認められる。たとえば《荘子》には風を吸い露を飲み,雲気に乗って飛竜を御する藐姑射(はこや)の山の神人や踵(きびす)をもって呼吸する真人などのイメージがえがかれ,《楚辞》には神仙との遊行がうたわれている。神仙説をとくに鼓吹したのは東方沿海地域の方士たちであって,東海中に神仙の住まう三神山が存在すると説き,三神山の信仰は秦の始皇帝や漢の武帝にもうけつがれた。…

【氏姓制度】より

… このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。したがって,貴族の姓(かばね)としては,朝臣,宿禰,忌寸の三つで,これが〈甲子の宣〉の大氏,小氏,伴造氏の発展形であり,その間にさらに氏族の再編が進められ,朝臣52氏,宿禰50氏,忌寸11氏におさめられたのである。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「真人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android