コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線電球 せきがいせんでんきゅうinfrared lamp

6件 の用語解説(赤外線電球の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外線電球
せきがいせんでんきゅう
infrared lamp

特に赤外線の放射の割合を多くした電球で,一般の白熱電球よりもフィラメントの温度をやや低くしてある。普通,反射型電球と類似の構造にしてある。赤外線には熱作用があるので,塗料の焼付け乾燥,食品の加熱などに広く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきがいせん‐でんきゅう〔セキグワイセンデンキウ〕【赤外線電球】

フィラメントの温度を照明用より低く設定し、赤外線を出すようにした電球。熱放射が多く、乾燥用や医療などに使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤外線電球【せきがいせんでんきゅう】

多量の赤外線を放射するように作られた電球。このため普通の電球よりフィラメント温度を低くしてある(1500〜2500K)。ガラス球の内面が反射形のもの,外部に反射傘をつけるもの,石英管を使用したもの等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきがいせんでんきゅう【赤外線電球 infrared lamp】

白熱電球からの放射はもともと赤外部に多い。フィラメントの温度を上げれば可視光が増えるが,むしろフィラメントの温度を低め(約2500K)て赤外放射,すなわち赤外線を多く発生させ,それを積極的に利用することを目的とした特殊電球を赤外線電球という。反射形と石英管形がある。赤外線による加熱は空気を暖めることなく直接物体の表面に熱を供給するから熱効率が高く,加熱に時間の遅れがない。したがって,赤外線電球による加熱や乾燥は,工業はもちろん農畜産業,医療,美容,暖房など広範囲に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきがいせんでんきゅう【赤外線電球】

フィラメント電球を低温で点灯し、赤外線を放射するようにしたもの。乾燥・解凍・加熱などに用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線電球
せきがいせんでんきゅう

赤外線を放射させ、その性質を利用する電球。普通の電球からの放射エネルギーも大部分は赤外線であるといってよいが、赤外線電球では、フィラメントの温度を低く(色温度2000~2500ケルビン)設計し、赤外線の相対出力をさらに多くしてある。一般に反射形のものが多く、長寿命、大容量(250ワット、500ワットなど)である。赤外線電球は熱放射が多く、照射物への透過性もよいため、工業や畜産業などで加熱、乾燥、暖房などに利用されている。さらに保温効果により血液の循環、汗の分泌などを促進するので、美容や医療などにも使われている。また石英管形は棒状なので、小型の加熱炉や電子複写機コピー機)の定着、塗装乾燥、半導体製造装置などに使用されている。
 赤外線を得る手段としては、赤外線電球は効率のよい光源である。電球をハロゲン電球化したハロゲンヒーターもこの分野では普及している。[小原章男・別所 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone