赤威(読み)アカオドシ

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐おどし ‥をどし【赤威】

〘名〙 鎧の威の一種。赤色の糸または革でつづった威で、緋威(ひおどし)に比べて、やや黒みがかっている。特に、糸でつづったものを「赤糸威」、革でつづったものを「赤革威」と呼ぶ。
※古事談(1212‐15頃)四「于赤をどしの冑(かぶと)きて、乗蘆毛馬之者」
[語誌]緋威・紅(くれない)威・赤威は、中世にはそれぞれ区別されていた。緋威は茜草に米・灰を、または紫草を加えたもの、紅威は紅花、赤威は茜草と櫨(はじ)に灰汁を加えたものと、それぞれ染色材料が異なり、色の違いがはっきりしていた。〔甲組類鑑(18C後か)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤威の関連情報