コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤峰紅山後遺跡 せきほうこうざんこういせき Chi-feng Hong-shan-hou

1件 の用語解説(赤峰紅山後遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤峰紅山後遺跡
せきほうこうざんこういせき
Chi-feng Hong-shan-hou

中国,内モンゴル自治区赤峰の北東約 4km,標高約 200mの紅山の山麓に営まれた彩陶文化と紅陶文化の遺跡。 1935年東亜考古学会が調査して,紅陶と青銅器を出す住居址と石棺墓を発見し,さらに別の地点で,彩陶,櫛目文土器,細石器などを伴出する特異な文化を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤峰紅山後遺跡の関連キーワード帰綏寧夏回族自治区内モンゴル自治区綏遠海拉爾包頭モンゴリア蒙疆赤峰フフホト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone