東亜考古学会(読み)とうあこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東亜考古学会
とうあこうこがっかい

1925年浜田耕作原田淑人らを中心に結成された東アジアの考古学の研究団体。貔子窩牧羊城東京城赤峰など,中国東北地区を中心として広範な調査活動を行い,第2次世界大戦後は対馬の調査などを行なった。その結果は『東方考古学叢刊』として計 15冊が出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android