コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東亜考古学会 とうあこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東亜考古学会
とうあこうこがっかい

1925年浜田耕作原田淑人らを中心に結成された東アジアの考古学の研究団体。貔子窩牧羊城東京城赤峰など,中国東北地区を中心として広範な調査活動を行い,第2次世界大戦後は対馬の調査などを行なった。その結果は『東方考古学叢刊』として計 15冊が出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東亜考古学会の関連キーワード赤峰紅山後遺跡カラカミ遺跡加良香美遺跡宇木汲田遺跡オロン・スム南山裡漢墓貔子窩遺跡原田 淑人志多留貝塚吹切沢遺跡水野 清一北沙城古墳牧羊城遺跡原ノ辻遺跡北沙城漢墓原の辻遺跡江上波夫三上次男邯鄲遺跡水野清一

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android