コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松洞松院 あかまつ どうしょういん

2件 の用語解説(赤松洞松院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松洞松院 あかまつ-どうしょういん

?-? 室町-戦国時代の女性。
細川勝元の娘。出家していたが,弟(兄とも)細川政元により還俗(げんぞく)させられ,政権確保のため明応2年(1493)赤松政則の後妻となる。5年に政則と死別し,洞松院と号する。以後養子として跡をついだ赤松義村の後見として権力をふるった。名はめし。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松洞松院

生年:生没年不詳
室町時代武家の女性。本名めし。細川勝元の娘。竜安寺の尼だったが,明応2(1493)年4月,弟(兄ともいう)政元の命で還俗し赤松政則の後妻となった。細川氏と赤松氏はかねてより親しい関係にあったが,特に当時,室町幕府内で畠山政長と覇権を争っていた政元が,赤松氏を自派に確実につなぎおくためにこの結婚を成立させたものと思われる。婚礼の2日後,政元はクーデタによって将軍足利義材(義稙)を追放して義澄を擁立,次いで政長を敗死させた。こうして政元の独裁政権が成立する。一方めしの夫政則は同5年に病死し,一族の七条政資の子義村が養子として跡を継いだ。当時の義村の年齢は不詳だが,庶流から家督となった義村には一族内部にも敵対勢力があり,また老臣浦上則宗の台頭もあってその地位は不安定だった。そのため弟政元の権力を背後に持つめしが,義村の後見人としてにわかに政治的発言力を強めることになった。政則の死から永正14(1517)年に至る21年間,赤松領国における所領安堵や諸役免除はすべて「つほね」の黒印が押された彼女の消息でなされている。政元の死後はその養子高国を支持するが,義村は政元のもうひとりの養子澄元を支持して両者は対立。さらに義村が老臣浦上村宗と対立するとめしは村宗を支持し,大永2(1522)年の村宗による義村弑逆をも是認していたといわれる。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松洞松院の関連キーワード細川政国細川茂之今川義忠武家方横目付石崎松庵武田元綱細川勝益細川義春山名是豊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone