コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川勝元 ほそかわ かつもと

9件 の用語解説(細川勝元の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

細川勝元

室町前期の武将。幼名は聡明丸、通称六郎、右京大夫。幕府管領を通算21年務める。謀略に長け、初め山名持豊(宗全)と結ぶがやがて山名氏の強大化を抑えんとして対立する。将軍家・畠山・斯波の継嗣を争った応仁の乱では東軍総帥として戦った。平素禅に励み、竜安寺を創建。また和歌・書画・犬追物などを好み、医学を研究するなど多趣味であった。文明5年(1473)歿、44才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほそかわ‐かつもと〔ほそかは‐〕【細川勝元】

[1430~1473]室町中期の武将。法名、竜安寺宗宝。再三、管領(かんれい)となり、応仁の乱では将軍足利義政を助けて東軍を率いて戦ったが、陣中に没した。禅宗を信仰し、京都に竜安寺を創建。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

細川勝元【ほそかわかつもと】

室町幕府の管領(かんれい)。持之(もちゆき)の子。摂津・丹波・讃岐(さぬき)・土佐の守護。1445年以後3度約20年にわたって管領を勤めた。将軍継嗣問題,斯波(しば)・畠山両家の家督争いなどから山名宗全と対立,応仁・文明の乱を起こした。
→関連項目伊勢貞親畠山政長細川氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川勝元 ほそかわ-かつもと

1430-1473 室町時代の武将。
永享2年生まれ。細川持之(もちゆき)の子。文安2年以後,3度管領(かんれい)となる。将軍家や畠山・斯波(しば)氏の後継争いをめぐって山名持豊(もちとよ)(宗全)と対立。応仁(おうにん)・文明の乱では東軍の総大将としてたたかったが,文明5年5月11日陣中で病死した。44歳。禅に傾倒し,竜安(りょうあん)寺,竜興寺を創建。和歌,絵画,医術にも通じた。通称は六郎。
【格言など】人の器によりそれぞれ使うは君の職也,故に見損ずる時は君の過也(「君慎」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川勝元

没年:文明5.5.11(1473.6.6)
生年:永享2(1430)
室町時代の武将,室町幕府管領。聡明丸,六郎。右京大夫,武蔵守。持之の子。摂津・丹波・讃岐・土佐国守護。嘉吉2(1442)年8月,父の病死により13歳で家督を継ぐが,幼少のため叔父細川持賢がこれを後見。文安2(1445)年3月,畠山持国のあとを受けて管領となり,宝徳1(1449)年退任して持国に替わったが,享徳1(1452)年から寛正5(1464)年まで再任,3度目は応仁2(1468)年から文明5(1473)年の死去まで,通算21年間同職に在任した。軍事よりも謀略,駆け引きに長じ,嘉吉の変ののち強大化した山名持豊(宗全)の女婿となってこれと結ぶ一方,寛正1(1460)年畠山義就を失脚させたのも彼の手腕とみられる。 しかし,赤松家再興を支持したことにより次第に持豊と対立するようになり,寛正6年,やはり持豊の女婿であった斯波義廉を退けて同義敏を立てたことで,両者の対立は決定的となる。将軍家の跡目を巡って勝元が足利義視を,持豊が足利義尚を支援したことは,応仁1年に応仁の乱が勃発する一因となった。勝元は東軍総帥として畠山,斯波,将軍家の後継者としてそれぞれ,政長,義敏,義視を支援し,義就,義廉および日野富子・義尚母子を支援する持豊と抗争を繰り返した。しかし膠着状態が続くなか,戦争の主導権は漸次,赤松政則,斎藤妙椿ら有力守護・守護代層の手に移っていき,文明5年3月持豊が病死したのに続いて勝元も同年5月病死する。妙心寺の義天玄承らに参禅し,山城竜安寺のほか丹波に竜興寺を創建。また和歌,絵画,鷹狩,犬追物などを嗜み,医術を研究して医書『霊蘭集』を著すなど多趣味であった。墓は竜安寺にある。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほそかわかつもと【細川勝元】

1430‐73(永享2‐文明5)
室町中期の武将。持之の子。幼名六郎。1445‐49年(文安2‐宝徳1),52‐64年(享徳1‐寛正5),68‐73年(応仁2‐文明5)の3度にわたって管領となる。将軍足利義政の初め,畠山持国の勢力が強く,勝元は山名宗全の娘を夫人としてこれと結び持国に対抗したが,持国の死後は互いに反目を深めた。この対立は1458年(長禄2)の赤松家再興問題で一挙に表面化した。細川氏は嘉吉の乱で没落した赤松氏を再興することによって,これと領国を接する山名氏を牽制しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほそかわかつもと【細川勝元】

1430~1473) 室町中期の武将。将軍家や畠山・斯波氏の継嗣争いをめぐって山名宗全と対立。応仁の乱では東軍の将として戦ったが、陣中で病没した。竜安寺・竜興寺を建てた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細川勝元
ほそかわかつもと

[生]永享2(1430)
[没]文明5(1473).5.11. 京都
室町時代中期の武将。持之の子。幼名,聡明丸。通称は九郎。法名,宗宝。右京大夫,武蔵守。従四位下。文安2 (1445) 年以降,三たび管領 (在職 45~49,52~64,68~73) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細川勝元
ほそかわかつもと
(1430―1473)

室町中期の武将、室町幕府の管領(かんれい)。幼名聡明丸(そうめいまる)。右京大夫(うきょうのだいぶ)、一時武蔵守(むさしのかみ)を兼ねる。持之(もちゆき)の子。1442年(嘉吉2)13歳で細川宗家を継ぎ、摂津、丹波(たんば)、讃岐(さぬき)、土佐の守護を兼任。45年(文安2)16歳で管領となり、幼少の将軍義政(よしまさ)を助けたのをはじめ、前後3回、通算20年余り管領に在任。山名宗全(やまなそうぜん)(持豊(もちとよ))の女(むすめ)を妻とし、宗全と結んで畠山(はたけやま)氏の内争に干渉したが、ついで政所執事(まんどころしつじ)伊勢貞親(いせさだちか)と結んで赤松氏の再興を助け、斯波義敏(しばよしとし)、畠山政長(まさなが)を援助して、斯波義廉(よしかど)、畠山義就(よしなり)を援助する宗全と対立、ついに味方の諸大名を京都に集め67年(応仁1)大乱に突入した(応仁(おうにん)の乱)。勝元は将軍義政(よしまさ)を擁し、東軍の総大将として宗全の率いる西軍と戦ったが、勝敗が決しないうち宗全が没し、勝元も約2か月後の文明(ぶんめい)5年5月11日病没した。生活は華美であったが、和歌、絵画、犬追物(いぬおうもの)をたしなみ、医術を研究し、また妙心寺の義天玄承(ぎてんげんしょう)、雪江宗深(せっこうそうしん)に参禅し、京都に龍安寺(りょうあんじ)、丹波に龍興(りょうこう)寺を創建した。法名龍安寺宗宝。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の細川勝元の言及

【応仁・文明の乱】より

…室町時代末期にあたる1467‐77年(応仁1‐文明9)に京都を中心に全国的規模で展開された内乱。この乱では,東軍(細川勝元方)と西軍(山名持豊(宗全)方)に分かれて,全国各地ではげしい合戦が展開され,中央の状況だけではなく各地の政治的状況が反映していた。
【原因】

[家督争い]
 乱の原因は複雑な要素からなっていたが,その中でも表面だった要因の一つに,有力守護家内部における家督争いと,有力守護大名間の対立があげられる。…

※「細川勝元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細川勝元の関連キーワード細川政国細川満元細川頼元三管領意雲吉良俊氏朽木貞綱東氏数波多野通郷頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細川勝元の関連情報