コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松照幢(読み)あかまつ しょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松照幢 あかまつ-しょうどう

1862-1921 明治-大正時代の僧,社会事業家。
文久2年生まれ。与謝野鉄幹の兄。7歳から京都で修行する。明治19年赤松安子と結婚し,その実家の山口県徳山市の徳応寺住職となる。妻と協力して山口積善会,徳山婦人講習会(のち私立徳山女学校)などを設立,幼稚園,託児所もつくった。大正10年8月24日死去。60歳。京都出身。号は尚白斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android