与謝野鉄幹(読み)よさの てっかん

デジタル大辞泉の解説

よさの‐てっかん【与謝野鉄幹】

[1873~1935]詩人・歌人。京都の生まれ。本名、寛(ひろし)。落合直文の門に入り、浅香社に参加、短歌革新運動を興した。のち新詩社を創立し、「明星」を創刊、主宰。妻晶子とともに明治浪漫主義に新時代を開き、新人を多く育成した。歌論亡国の音(おん)」、詩歌集「東西南北」「」、訳詩集「リラの花」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

与謝野鉄幹【よさのてっかん】

詩人,歌人。本名寛(ひろし)。京都生れ。落合直文に師事,浅香社に加わり和歌革新運動に参加。歌論《亡国の音》,慷慨調の詩歌集《東西南北》を出した。1899年新詩社を創立,翌年機関誌《明星》を出して浪漫主義文学運動を展開,1901年鳳晶子(与謝野晶子)と結婚して,ともに後進を指導した。詩歌集《鉄幹子》《紫》や訳詩集《リラの花》などがある。
→関連項目石川啄木歌論佐藤春夫しからみ草紙新体詩みだれ髪ロマン主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与謝野鉄幹 よさの-てっかん

1873-1935 明治-昭和時代前期の歌人,詩人。
明治6年2月26日生まれ。与謝野礼厳(れいごん)の4男。明治25年上京,落合直文に師事し浅香社に参加。27年歌論「亡国の音」を発表し,和歌の革新をとなえる。32年東京新詩社を創立して「明星」を創刊・主宰,妻与謝野晶子(あきこ)とともに浪漫主義文学運動を推進した。昭和10年3月26日死去。63歳。京都出身。本名は寛(ひろし)。詩歌集に「東西南北」,歌集「相聞(あいぎこえ)」など。
【格言など】われ男(を)の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子(「紫」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よさのてっかん【与謝野鉄幹】

1873‐1935(明治6‐昭和10)
歌人,詩人。京都市生れ。本名寛(ひろし)。真宗歌僧であった父礼厳(れいごん)の事業の失敗で寺を離れ,一時他家の養子になるなど苦労して育った。1892年山口県徳山から上京し,落合直文の門に入り,あさ香社に参加した。94年御歌所の古い歌風を排撃した《亡国の音(ね)》発表。渡韓前後の虎や剣を歌った慷慨調の作を収めた詩歌集《東西南北》(1896),《天地玄黄》(1897)で文壇に登場,99年みずから新詩社を創設し,1900年には《明星》を創刊・主宰する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よさのてっかん【与謝野鉄幹】

1873~1935) 詩人・歌人。京都府生まれ。本名、寛。落合直文の門に学び浅香社を結ぶ。初め短歌革新運動家として活躍したが、「明星」を創刊して妻晶子とともに浪漫主義運動を推進、明治30年代の詩歌壇を主導した。代表作「東西南北」「紫」「相聞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与謝野鉄幹
よさのてっかん

[生]1873.2.26. 京都
[没]1935.3.26. 東京
詩人,歌人。本名,寛。西本願寺支院に生れ,幼くして仏典,漢籍,国書を学び,早くから天才児とうたわれた。 1892年上京して落合直文門に入り,虎剣流と呼ばれた国家主義的な悲憤慷慨調の詩歌集『東西南北』 (1896) ,『天地玄黄』 (97) で話題を集めた。 99年東京新詩社を創立,翌年機関誌『明星 (みょうじょう) 』を創刊して与謝野晶子茅野雅子山川登美子らを擁し,明治浪漫主義の展開を主導した。みずからも詩歌集『鉄幹子』 (1901) ,『紫』 (01) を経て『うもれ木』 (02) ,『毒草』 (04,晶子と共著) にいたり,奔放な空想,華麗な感覚に満ちたいわゆる星菫調に歌風を一変し,妻の晶子とともに明治,大正,昭和を通じて浪漫主義詩歌の主柱となった。ほかに歌集『相聞 (あいぎこえ) 』 (10) ,訳詩集『リラの花』 (14) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与謝野鉄幹
よさのてっかん
(1873―1935)

歌人、詩人。明治6年2月26日京都に生まれる。本名寛(ひろし)。鉄幹の号は1905年(明治38)ころ廃したが、いまもこの号で多くよばれる。父礼厳(れいごん)は真宗の歌僧。寺の没落に伴い、鉄幹も少年時代から他家の養子になり、大阪、岡山、徳山と転住し、世の辛酸をなめた。次兄の経営する徳山女学校教師を3年勤めたあと、1892年(明治25)上京し、落合直文(なおぶみ)門に入り、翌年創設されたあさ香(か)社に参加、『二六(にろく)新報』に歌論「亡国の音(おん)」を発表した。95年朝鮮に渡ったが乙未(いつみ)事変にあい帰国。翌年詩歌集『東西南北』を、翌々年『天地玄黄(てんちげんこう)』を刊行、注目された。1900年(明治33)4月、新詩社の機関誌『明星』創刊、08年11月、100号で廃刊まで主宰、多くの新人を育て浪漫(ろうまん)主義文学運動を推進した。家庭的には、2女性との離別を経て鳳晶子(ほうあきこ)と結婚、夫妻で『明星』に活躍した。詩歌集に『鉄幹子』(1901)、『紫』(1901)、『うもれ木』(1902)、『毒草(どくぐさ)』(晶子と共著。1904)、『(かし)の葉』(1910)などがあるが、とくに歌集『相聞(あいぎこえ)』(1910)に円熟した歌境がみえる。「大空の塵(ちり)とはいかが思ふべき熱き涙のながるるものを」など。11年渡欧、紀行『巴里(パリ)より』(晶子と共著)、訳詩集『リラの花』(ともに1914)はその記念である。大正期以降、歌壇から離れたが、第二次『明星』、『冬柏(とうはく)』の両誌を晶子らと刊行し、また旅を好んで、終生作歌を続けた。昭和10年3月26日没、多磨霊園に葬られた。『与謝野寛短歌全集』(1933)、『与謝野寛遺稿歌集』(1935)、『采花集(さいかしゅう)』(詩集、1941)に主要作品が集成されている。[新間進一]
『『明治文学全集51 与謝野鉄幹・与謝野晶子集』(1968・筑摩書房) ▽逸見久美著『評伝与謝野鉄幹・晶子』(1975・八木書店) ▽中晧著『与謝野鉄幹』(1981・桜楓社) ▽永岡健右著『与謝野鉄幹伝――東京新詩社成立まで』(1984・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の与謝野鉄幹の言及

【歌論】より


【近・現代】
 近代および現代では,印刷技術の普及および新聞,雑誌の発達を背景としておびただしい数の〈歌論〉が発表された。《二六新報》に発表された与謝野鉄幹の〈亡国の音(おん)〉(1894),《日本》に発表された正岡子規《歌よみに与ふる書》(1898),和歌革新運動の推進力となったこの二つの〈歌論〉が,早い時期のものとしてまず注目されるのである。近・現代の文学状況は小説中心に展開した。…

【新詩社】より

…明治期の文学結社。1899年(明治32)11月与謝野鉄幹を中心に創設された。正式には東京新詩社。…

【明星】より

…文芸雑誌。与謝野鉄幹主宰の新詩社の機関誌として,1900年(明治33)4月に創刊され,08年11月通算100号で終わった。初めは新聞型で6号から四六倍判の雑誌となる。…

※「与謝野鉄幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与謝野鉄幹の関連情報