コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤金 アカキン

デジタル大辞泉の解説

あか‐きん【赤金】

赤みを帯びた金の合金。主に、を25~50パーセント含むものをいう。装飾品に使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかきん【赤金】

金と銅の合金の俗称。金に銅を加えていくと、次第に赤みを増していくことによる。金貨・めっき・装飾品に使用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤金の関連キーワード赤金鉱(データノート)シュバートマン石大河内 常平帖佐 美行西山 英雄金(元素)先天定位後天定位嵐市太郎赤金鉱磁鉄鉱印子金めっき九星俗称金貨赤み青金

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤金の関連情報