走湯(読み)はしりゆ

精選版 日本国語大辞典の解説

はしり‐ゆ【走湯】

[1] 〘名〙 (湯が川となっていきおいよく流れるところから) 温泉。いでゆ。はしるゆ。
※永久百首(1116)雑「ましららのはまの走湯浦さびて今はみゆきのかげもうつらず〈藤原仲実〉」
[2] (源泉は奥行五メートルの洞窟の中から噴出し、湯が樋(とい)を伝い川となって流れているところから呼ばれた) 静岡県熱海市の伊豆山温泉のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の走湯の言及

【伊豆山[温泉]】より

…弱食塩泉,60℃。かつては洞窟から湧き出した湯が湯滝となって海に流れ落ちたことから,走湯とか滝湯と呼ばれた。養老年間(717‐724)ころに発見され,平安時代には修験道の霊場として栄え,鎌倉時代には幕府の保護が厚く,支坊は3800を数えたという。…

※「走湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android