コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起拝 キハイ

デジタル大辞泉の解説

き‐はい【起拝】

神や天皇、または貴人に対して行う座礼作法の一。右膝から立ち、左足から進め、両足を踏み整えて姿勢を正し、(しゃく)を正し笏頭を目の前にあげ、左膝を伏せ、次いで右膝を伏せて拝礼する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きはい【起拝】

神や天皇などに対して行う坐礼の作法。右膝から立ち、左足を進め、両足をそろえて姿勢を正し、笏しやくを正し笏頭を目の前にあげ、左膝を伏せ、次いで右膝を伏せて拝礼する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android