コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超伝導性材料 ちょうでんどうせいざいりょうsuperconducting material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超伝導性材料
ちょうでんどうせいざいりょう
superconducting material

ある種の金属,合金,セラミックスは冷却していくと,電気抵抗が急激に低下してゼロとなり,同時に反磁性を呈する。これが超伝導であり,ニオブ-チタン合金,鉛-インジウム合金,鉛-ビスマス合金などがあり,セラミックスではイットリウム・バリウム・銅・酸素Y-Ba-Cu-O系などがあげられる。超伝導体は電気を流してもエネルギー損がなく,このため送電,電力貯蔵,高磁場発生用超伝導磁石などに利用することができ,また反磁性を応用しての磁気浮上,ジャイロ,磁気ベアリングなどの可能性が検討されている。トンネル接合の利用ではジョセフソン素子をあげることができる。超伝導材料への期待は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android