コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気浮上 じきふじょうfloating by magnetism

3件 の用語解説(磁気浮上の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気浮上
じきふじょう
floating by magnetism

磁力の反発力を利用して物体を浮上させる方法。リニアモータカーなどに利用される。通常の電磁石を用いたものと,超伝導マグネットを用いたものがある。 JRで研究されているリニアモータカーは超伝導マグネット方式である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気浮上
じきふじょう
magnetic levitation

磁界の力によって物体を浮上させること。一般に磁気浮上として実用化されているものは、磁気吸引力を利用している。磁気吸引力は距離の2乗に反比例するので、浮上体との距離が一定になるように磁気力を制御する。そのため、電磁石に流れる電流を精密に制御する必要がある。磁気浮上システムは、鉛直方向に磁気吸引力で浮上力が生じるような構造となっている。なお、同極の磁石により発生する磁気反発力では安定して磁気浮上しないという、サミュエル・アーンショーSamuel Earnshaw(1805―1888)による「アーンショーの定理」が知られている。
 このほか、超伝導体はマイスナー効果により「完全反磁性体」(透磁率がゼロ)となる。そのため、外部からの磁場が内部に侵入できないので浮上する。この浮上はピン止め効果とよばれており、安定に静止する。
 磁気浮上式鉄道(マグレブ=Maglev:magnetically levitated vehicleとよばれることがある)や超伝導磁気軸受では超伝導を使っているが、これはマイスナー効果を利用したものではなく、強磁場をつくるため大電流を流す電磁石を実現するためである。[森本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気浮上の関連情報