コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気浮上 じきふじょうfloating by magnetism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気浮上
じきふじょう
floating by magnetism

磁力の反発力を利用して物体を浮上させる方法。リニアモータカーなどに利用される。通常の電磁石を用いたものと,超伝導マグネットを用いたものがある。 JRで研究されているリニアモータカーは超伝導マグネット方式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐ふじょう〔‐フジヤウ〕【磁気浮上】

磁力による反発力または吸引力を利用して、物体を空中に浮上させること。鉄と電磁石、電磁石どうし、永久磁石と電磁石などを組み合わせ、その反発力や吸引力を調節することで、一定の浮上高を得る。リニアモーターカーをはじめとする磁気浮上式鉄道が実用化されている。マグレブ(maglev)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきふじょう【磁気浮上】

磁石の反発力を用いて物体を浮上させること。超伝導コイルの開発により、新たな鉄道輸送の方法として研究が進められている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気浮上
じきふじょう
magnetic levitation

磁界の力によって物体を浮上させること。一般に磁気浮上として実用化されているものは、磁気吸引力を利用している。磁気吸引力は距離の2乗に反比例するので、浮上体との距離が一定になるように磁気力を制御する。そのため、電磁石に流れる電流を精密に制御する必要がある。磁気浮上システムは、鉛直方向に磁気吸引力で浮上力が生じるような構造となっている。なお、同極の磁石により発生する磁気反発力では安定して磁気浮上しないという、サミュエル・アーンショーSamuel Earnshaw(1805―1888)による「アーンショーの定理」が知られている。
 このほか、超伝導体はマイスナー効果により「完全反磁性体」(透磁率がゼロ)となる。そのため、外部からの磁場が内部に侵入できないので浮上する。この浮上はピン止め効果とよばれており、安定に静止する。
 磁気浮上式鉄道(マグレブ=Maglev:magnetically levitated vehicleとよばれることがある)や超伝導磁気軸受では超伝導を使っているが、これはマイスナー効果を利用したものではなく、強磁場をつくるため大電流を流す電磁石を実現するためである。[森本雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

磁気浮上の関連キーワード磁石(磁力をもつ物体)愛知高速交通東部丘陵線東海旅客鉄道[株]上海リニア延伸計画新交通システム中央新幹線計画ホバートレインリニアモーターLinimoMAGLEV超伝導性材料リニア新幹線超伝導材料超伝導磁石超高速鉄道浮上式鉄道上海リニア東部丘陵線反磁性体鉄道輸送

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁気浮上の関連情報