コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超大陸分裂・再形成活動 ちょうたいりくぶんれつさいけいせいかつどう supercontinent's break‐up and reunite

1件 の用語解説(超大陸分裂・再形成活動の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

超大陸分裂・再形成活動

現在の大陸配置は、古生代中生代の3億〜2億年前に存在した超大陸パンゲア(Pangaea)が分裂移動した結果である。現在は、大西洋が拡大して太平洋が狭まり、全大陸がユーラシアに集合しつつある。超大陸が複数の地塊に分裂し移動していくと、各地塊は衝突合体して再び超大陸を形成するとの考えは、ウィルソンサイクル呼ばれる。パンゲア以前の超大陸として、6億〜5億年前のゴンドワナと10億〜7億年前のロディニアが知られている。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超大陸分裂・再形成活動の関連キーワードアンモナイトゴンドワナ大陸新生代中生代旧古生代古生界新古生代ローラシア大陸地質年代メソデーサイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone