コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超大陸 チョウタイリク

大辞林 第三版の解説

ちょうたいりく【超大陸】

数億年から数十億年前に形成されたと考えられる大きな大陸。パンゲアやゴンドワナ、ロディニアなど。その後、いくつもに分裂・漂流し、現在の大陸や島となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

超大陸の関連キーワードプリュームテクトニクス超大陸分裂・再形成活動ウィルソンサイクルリストロサウルスゴンドワナ植物群カタイシア植物群アパラチア造山帯ローレンシア台地先カンブリア時代ゴンドワナ大陸ローラシア大陸パンサラサ海アンガラ大陸ロディニアゴンドワナ水陸分布古竜脚類ペルム紀中生代地質学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超大陸の関連情報