コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超臨界圧ボイラー ちょうりんかいあつボイラー

百科事典マイペディアの解説

超臨界圧ボイラー【ちょうりんかいあつボイラー】

水の臨界圧以上の高圧蒸気発生装置。超臨界圧では,水は加熱によって沸騰を伴わず連続的に過熱蒸気に変化する。このためドラムで気水分離をする方法はとれないので,貫流ボイラーの形式となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の超臨界圧ボイラーの言及

【ボイラー】より

…その最大の用途は,火力発電所で発電機を駆動している蒸気タービンへの蒸気の供給である。ただし最近の火力発電所のボイラーでは水の臨界圧を超す高圧が採用されており,ボイラー内で水が水蒸気に変わるという相変化(沸騰boil)はもはや起こらず,ボイラーという語義になじまないが,この場合も従来の呼称のまま超臨界圧ボイラーと呼んでいる。その他の用途として,大出力の舶用推進機関には蒸気タービンが適しており,この場合には船にボイラーを搭載する。…

※「超臨界圧ボイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

超臨界圧ボイラーの関連キーワード火力発電ボイラー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android