超電導発電機(読み)ちょうでんどうはつでんき(英語表記)superconducting generator

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうでんどうはつでんき【超電導発電機 superconducting generator】

回転子電磁石に超電導マグネットを用いた発電機。大容量の蒸気駆動のタービン発電機に対して,この超電導化の開発が行われている。発電機は超電導化により著しく小型,軽量になり,また電圧変動率などの特性も改善される。なぜならば,発電機の出力PPKD2L(KkBgAC)のように表される。 上式で,D2Lは体積を表す次元なのでKは出力係数といわれている。このKの中身は上式のように固定子と回転子の間の空隙(くうげき)の磁束密度Bgと電機子コイルの発電能力ともいうべき,流し得る電流Aと導体の巻数Cの積AC(アンペア・コンダクター)で表される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android