コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超電導発電機 ちょうでんどうはつでんき superconducting generator

1件 の用語解説(超電導発電機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうでんどうはつでんき【超電導発電機 superconducting generator】

回転子電磁石超電導マグネットを用いた発電機。大容量の蒸気駆動のタービン発電機に対して,この超電導化の開発が行われている。発電機は超電導化により著しく小型,軽量になり,また電圧変動率などの特性も改善される。なぜならば,発電機の出力PPKD2L(KkBgAC)のように表される。 上式で,D2Lは体積を表す次元なのでKは出力係数といわれている。このKの中身は上式のように固定子と回転子の間の空隙(くうげき)の磁束密度Bgと電機子コイルの発電能力ともいうべき,流し得る電流Aと導体の巻数Cの積AC(アンペアコンダクター)で表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超電導発電機の関連キーワード磁石鋼回転子マグネチックマグネットアンチマグネチックマグネチックスピーカーマグネット鋼マグネットダイオード田中昭二日立マグネットワイヤ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone