コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超電導発電機 ちょうでんどうはつでんきsuperconducting generator

1件 の用語解説(超電導発電機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうでんどうはつでんき【超電導発電機 superconducting generator】

回転子電磁石超電導マグネットを用いた発電機。大容量の蒸気駆動のタービン発電機に対して,この超電導化の開発が行われている。発電機は超電導化により著しく小型,軽量になり,また電圧変動率などの特性も改善される。なぜならば,発電機の出力PPKD2L(KkBgAC)のように表される。 上式で,D2Lは体積を表す次元なのでKは出力係数といわれている。このKの中身は上式のように固定子と回転子の間の空隙(くうげき)の磁束密度Bgと電機子コイルの発電能力ともいうべき,流し得る電流Aと導体の巻数Cの積AC(アンペアコンダクター)で表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone