コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智雲夢 おち うんむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智雲夢 おち-うんむ

1686-1746 江戸時代中期の医師,儒者。
貞享(じょうきょう)3年1月生まれ。曲直瀬(まなせ)平庵の子。父の跡をつぎ,養安院と称して幕府の医官,のち法眼となる。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)に古文辞をまなんだ。延享3年3月25日死去。61歳。江戸出身。名は正珪。字(あざな)は君瑞。別号神門叟,雪翁。著作に「懐仙楼集」「神門余筆」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

越智雲夢の関連キーワード儒者貞享

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android