コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古文辞 コブンジ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぶんじ【古文辞】

古代の文章の言葉。
中国で明代に提唱された文学模範とすべき古典。秦・漢の文と盛唐の詩をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こぶんじ【古文辞 Gǔ wén cí】

中国の明代に七子派の文人の唱導した文章を,従来の古文と区別して古文辞と称する。後漢末から六朝にかけて盛行した,対偶の特色を生かした結果,修辞中心で内容の乏しくなった駢儷文(べんれいぶん)の弊害を打破するために,隋・唐にかけて,古文復興(古文運動)がとなえられ,唐の韓愈,柳宗元らによって確立し,北宋欧陽修蘇洵蘇軾(そしよく),蘇轍王安石,曾鞏(そうきよう)らによって継承された。それは四書五経などに見られる聖賢の理想を根底として,駢儷文の対偶形式と,空疎な内容を改革することを目的としていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こぶんじ【古文辞】

古代の文章の言葉。
中国で、秦しん・漢以前の文、盛唐以前の詩の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古文辞の言及

【荻生徂徠】より

…また政治上の諮問にあずかり綱吉の学問相手も務めた(赤穂浪士処断時の献言は有名)。40歳のころ,李攀竜,王世貞の文集を入手,発奮して古文辞研究に志す。1709年(宝永6)吉保の隠居に伴い茅場町に町宅,家塾蘐園(けんえん)を開く。…

【詩法】より

… 明以後,流派の形成は詩法をめぐって行われた。明の中・後期には唐詩の言語表現の修得を詩法とする古文辞派が全盛をきわめた。《唐詩選》はこの派の入門書として編まれたアンソロジーである。…

※「古文辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古文辞の関連キーワード大窪詩仏宮瀬竜門湯浅常山秋山玉山片山兼山尾藤二洲荻生徂徠荘田子謙那波魯堂太宰春台根本武夷大野魯山野田中洲亀田鵬斎菊池素行亀井昭陽服部南郭徂徠学派古文辞派蘐園学派

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android