コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマ

デジタル大辞泉の解説

うま【馬】

《「馬」の字音「マ」から変化したものという。平安時代以降「むま」と表記されることが多い》
奇蹄(きてい)目ウマ科の哺乳類。体は一般に大形で、顔が長く、たてがみがあり、長い毛の尾がある。力強く、走ることが速い。古くから家畜とされ、農耕・運送・乗用・競馬などに用いられ、肉は食用。東洋種の蒙古馬(もうこうま)・朝鮮馬、日本在来種の木曽馬・北海道和種西洋種アラブアラビア馬)・サラブレッドペルシュロンなどがある。こま。
踏み台。脚立(きゃたつ)。
競馬。
将棋で、桂馬または成角(なりかく)の略称。
《「付け馬」の略》料理屋などで、勘定の未払いを取り立てるために客の家までついて行く者。
動植物などの同類の中で、大きなものの意を表す語。「すげ」「ぜみ」
[補説]作品名別項。→

ば【馬】[漢字項目]

[音](漢) メ(呉) マ(唐) [訓]うま ま
学習漢字]2年
〈バ〉
うま。「馬車馬術馬力愛馬悍馬(かんば)騎馬牛馬曲馬軍馬競馬車馬乗馬駄馬調馬天馬白馬(はくば)牝馬(ひんば)兵馬名馬木馬落馬驢馬(ろば)老馬
卑しいもの。「馬齢犬馬
〈メ〉うま。「駿馬(しゅんめ)神馬牛頭馬頭(ごずめず)
〈うま〉「馬市馬方荒馬竹馬種馬早馬
〈ま〉「馬子(まご)絵馬(えま)
[名のり]たけし
[難読]白馬(あおうま)馬酔木(あしび・あせび)海馬(セイウチ)但馬(たじま)馬喰(ばくろう)馬穴(バケツ)馬謖(ばしょく)馬銜(はみ)馬刀貝(まてがい)馬手(めて)馬陸(やすで)流鏑馬(やぶさめ)羅馬(ローマ)

ま【馬】

うま。
「青の―放れば取りつなげ」〈催馬楽・青馬〉
[補説]現代では、「絵馬」「馬屋(まや)」のように複合語として用いられる。

ま【馬】[漢字項目]

むま【馬】

うま

め【馬】[漢字項目]

うま【馬】[映画]

山本嘉次郎監督による映画の題名。昭和16年(1941)公開。チーフ助監督として黒沢明が参加。東北の農村を舞台に、馬を育てる少女を姿をドキュメンタリータッチで描く。出演、高峰秀子、藤原鶏太ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うま【馬】

〔「馬」の字音「マ」に基づいてできた語〕
奇蹄目ウマ科の哺乳類。肩高1.2~1.7メートル。長い顔とたてがみをもつ。走ることが速く、力も強い。毛色はさまざま。草食。モウコウマを起源にもつとされ、軍用・役用として古くから家畜化された。日本では農耕・運搬・乗用などに使ったが、今日では主に競走用・乗馬用に飼育される。皮・骨・尾の毛なども利用する。むま。こま。
四方に脚部があり、上に乗れるようになった道具。脚立きやたつ・踏み台など。
競馬。
将棋で、桂馬および角行の成り駒の竜馬の称。
木製の脚つき台にしんを張り、布で覆ったアイロン台。ジャケットの袖や肩の仕上げに用いる。仕上げ馬。
双六すごろくの駒。 「 -おりぬ双六/枕草子 139
遊興費・飲食費の不足額を取り立てに客の家までついていく者。つけうま。 「 -を引いて朝帰り」
(動植物の名などの上に付けて)同類の中での大きなものの意を表す。 「 -虻あぶ」 「 -すげ」 〔中古以降、「むま」と表記された例が多い〕 → こま

ま【馬】

うま。 「竜の-を我あれは求めむあをによし奈良の都に来む人のたに/万葉集 808

むま【馬】

うま(馬) 」に同じ。 「 -の爪筑紫の崎に留まり居て/万葉集 4372

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

馬 (ウマ)

学名:Equus caballus
動物。ウマ科の哺乳動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

馬の関連キーワード四国連合艦隊下関砲撃事件ベンゾイルグリシンアシュバゴーシャマーチャンシャンマーシュイルンケマコウォンマーインチウマーツータオマーホンコイ馬料・馬糧草津白根山ケーマ高原下関事件たてがみ立川焉馬桜間左陣万葉集動植物催馬楽踏み台

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬の関連情報