コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足ほぞ あしほぞ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足ほぞ
あしほぞ

仏像その他彫刻の立像台座上に安定させるための,足の裏に突き出た部分をいう。一般に長方形のものが多く,これを台座にあけた同形の穴に差込み,像を固定する支柱とする。また仏像では,この部分に銘文が記されることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

足ほぞの関連キーワード造像記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android