コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足抜き(読み)アシヌキ

デジタル大辞泉の解説

あし‐ぬき【足抜き】

[名](スル)
芸妓や娼妓などが前借り金を清算しないで逃げること。あしぬけ。
「―でもされてはと思ってんのかな」〈高見・人間〉
つらい状況・境遇などから抜け出すこと。
「―がならぬさうにぞみらるる浅香の沼にはまり給ひて」〈古今夷曲集・九〉
抜き足」に同じ。
「五郎も―してたちけるが」〈曽我・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしぬき【足抜き】

( 名 ) スル
〔「あしぬけ」とも〕 娼妓などが、前借金をすまさないで逃げること。
動きのとれない状態やよくない環境から抜け出すこと。 「 -がならぬさうにぞ見えらるる浅香の沼にはまりたまひて/古今夷曲集」
き足あし」に同じ。 「五郎も-してたちけるが/曽我 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の足抜きの言及

【非人手下】より

…言渡しを受けた罪囚は,〈穢多頭(えたがしら)〉弾左衛門立会いのもと,非人頭へ,遠国非人手下の場合は弾左衛門を通じて江戸より20里外の在方非人小屋頭へ引き渡され,非人の籍に入った。刑期は無期で,(しや)によってのみ,もとの身分へ復帰(足洗い,足抜き)することができた。【加藤 英明】。…

※「足抜き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足抜きの関連情報