コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足抜き アシヌキ

2件 の用語解説(足抜きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あし‐ぬき【足抜き】

[名](スル)
芸妓や娼妓などが前借り金を清算しないで逃げること。あしぬけ。
「―でもされてはと思ってんのかな」〈高見・人間〉
つらい状況・境遇などから抜け出すこと。
「―がならぬさうにぞみらるる浅香の沼にはまり給ひて」〈古今夷曲集・九〉
抜き足」に同じ。
「五郎も―してたちけるが」〈曽我・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしぬき【足抜き】

( 名 ) スル
〔「あしぬけ」とも〕 娼妓などが、前借金をすまさないで逃げること。
動きのとれない状態やよくない環境から抜け出すこと。 「 -がならぬさうにぞ見えらるる浅香の沼にはまりたまひて/古今夷曲集」
き足あし 」に同じ。 「五郎も-してたちけるが/曽我 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足抜きの言及

【非人手下】より

…言渡しを受けた罪囚は,〈穢多頭(えたがしら)〉弾左衛門立会いのもと,非人頭へ,遠国非人手下の場合は弾左衛門を通じて江戸より20里外の在方非人小屋頭へ引き渡され,非人の籍に入った。刑期は無期で,(しや)によってのみ,もとの身分へ復帰(足洗い,足抜き)することができた。【加藤 英明】。…

※「足抜き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足抜きの関連キーワード愛妓色抜き自由廃業前借出居衆泥水稼業前借り名花落籍芸娼妓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone