コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今夷曲集 ここんいきょくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今夷曲集
ここんいきょくしゅう

江戸時代前期の狂歌集。「古今」は「こきん」とも読む。生白堂行風 (せいはくどうぎょうふう) 編。 10巻4冊。寛文6 (1666) 年刊。古今の狂歌 1050首余,作者 241人を,四季,神祇,離別および羇旅,恋,雑 (上下) ,釈教の 10巻に分類配列したもの。狂歌隆盛の機運を反映した撰集

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ここんいきょくしゅう〔ココンイキヨクシフ〕【古今夷曲集】

狂歌集。10巻4冊。生白堂行風(せいはくどうぎょうふう)編。寛文6年(1666)刊。上代から江戸初期までの狂歌(夷曲)1060首を集めたもの。こきんいきょくしゅう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こきんいきょくしゅう【古今夷曲集】

狂歌集。生白庵行風編。1666年(寛文6)京都安田十兵衛刊。10巻4冊。聖徳太子以下古今各層の作者241人の狂歌1500余首を四季,賀,神祇等に分類編集したもの。引用書は《旧事本紀》以下34部に及び,採録の範囲は広範多岐,所収作品は玉石混淆だが,それまで各界人士の余技として作られていた狂歌を撰集の形で公刊した史的意義は大きい。板木は同一ながら部分的補修を加えつつ幕末まで行われた。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ここんいきょくしゅう【古今夷曲集】

狂歌集。一〇巻。生白堂行風編。1666年刊。古今の狂歌を集め、四季・賀・神祇などの部立をして収めたもの。古今夷曲和歌集。古今狂歌大全。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古今夷曲集
こきんいきょくしゅう

江戸初期の狂歌集。10巻4冊。生白庵行風(せいはくあんこうふう)編。自序、自跋(ばつ)。1652年(承応1)成立、1666年(寛文6)京都安田十兵衛刊。古今上下の作者241人、歌数1050余首を、春、夏、秋、冬、賀付神祇(じんぎ)、離別付羇旅(きりょ)、恋、雑上付物名廻文(ぶつめいかいぶん)、雑下付哀傷釈教に分類・編集し、終わりに作者之目録を添えたもの。狂歌史上初の本格的撰集(せんしゅう)であり、古今の書物34部から作品を採録し、上は親王公卿(くぎょう)から一般人に至るまで、時間的、階層的にきわめて広範に作品を集大成している。同一版木(部分的補刻はある)ながら、書名(『古今狂歌集』と改題した時期がある)や冊数を変えつつ、幕末まで重版されている。[森川 昭]
『『近世文学資料類従 狂歌編1』(1977・勉誠社) ▽『狂歌大観1』(1983・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古今夷曲集の関連キーワード差し枕・差枕後撰夷曲集豊蔵坊信海小手招く足抜き鉢叩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android