コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足掻き アガキ

デジタル大辞泉の解説

あ‐がき【×掻き】

苦しまぎれにじたばたすること。「最後の足掻き」「悪足掻き
手足を動かすこと。手足の動き。
「しばらくもがいているうちに、ふと―が自由になる」〈二葉亭平凡
馬などが前足で地をかくこと。また、馬の歩み。
「馬の―を早めけり」〈竜渓経国美談
子供がいたずらをして暴れること。
「昼の―に草臥(くたび)れて」〈浄・栬狩剣本地〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

足掻きの関連キーワードおもな慣用句悪足掻き甲冑

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android