跡を踏む(読み)アトヲフム

精選版 日本国語大辞典の解説

あと【跡】 を 踏(ふ)

① 前人の事跡に学び、それを手本として行なう。踏襲する。
※続拾遺(1278)雑上・一一四六「我山のさかゆく道を尋ねつついかで昔の跡をふままし〈慈助法親王〉」
② 隊列がうしろにさがる。後退する。
仮名草子・諸虫太平記(1681‐88頃)下「一足も跡(アト)を踏べからず」
③ 他人に先んじられる。立ち遅れる。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「まへ髪ごそり少年の春 親のあと踏ては惜む雪消て〈由平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android