コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一足(読み)イッソク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐そく【一足】

靴や足袋など、履き物の左右ひと組。→足(そく)
蹴鞠(けまり)で、1回鞠をけること。
「鞠ヲ―ケル」〈日葡
わずかな足の動き。
「―一刀ひるみなく、絶頂さして追ひ上ぐるは」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記
ある段階。
「―とんだる作意もをかしく」〈貝おほひ

ひと‐あし【一足】

歩くときのひとまたぎ。一歩。「一足踏み出す」
わずかな距離。また、わずかな時間。「駅まではもう一足だ」「一足先に帰宅する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっそく【一足】

履物の左右ひとそろい。一組。 →
蹴鞠けまりで、まりを一回蹴ること。 「その作法ありて、-にてこれをおとす/享徳御鞠記」

ひとあし【一足】

前に出した足と後ろの足との間隔。一歩。
非常に近い距離。 「家まではほんの-です」
非常にわずかの時間。 「 -先にでかけます」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一足の関連情報