慈助法親王(読み)じじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈助法親王 じじょほうしんのう

1254-1295 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第12皇子。
建長6年生まれ。母は藤原公子(こうし)。天台宗弘長(こうちょう)元年比叡(ひえい)山の尊助法親王の弟子となり,文永2年得度,親王となる。正応(しょうおう)2年(1289)天台座主(ざす)となり,翌年再任された。永仁(えいにん)3年7月27日死去。42歳。通称は市河宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android