コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈助法親王 じじょほうしんのう

1件 の用語解説(慈助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈助法親王 じじょほうしんのう

1254-1295 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第12皇子。
建長6年生まれ。母は藤原公子(こうし)。天台宗。弘長(こうちょう)元年比叡(ひえい)山の尊助法親王の弟子となり,文永2年得度,親王となる。正応(しょうおう)2年(1289)天台座主(ざす)となり,翌年再任された。永仁(えいにん)3年7月27日死去。42歳。通称は市河宮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈助法親王の関連キーワードマルコポーロ大空位時代映画ファンド一月寺イルハン国御伝鈔大理趙孟頫過去帳康円

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone