コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈助法親王 じじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈助法親王 じじょほうしんのう

1254-1295 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第12皇子。
建長6年生まれ。母は藤原公子(こうし)。天台宗弘長(こうちょう)元年比叡(ひえい)山の尊助法親王の弟子となり,文永2年得度,親王となる。正応(しょうおう)2年(1289)天台座主(ざす)となり,翌年再任された。永仁(えいにん)3年7月27日死去。42歳。通称は市河宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慈助法親王の関連キーワード藤原公子(1)鎌倉時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android