コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴彫 けりぼり

1件 の用語解説(蹴彫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蹴彫
けりぼり

彫金の一技法で,毛彫の変形。毛彫は鏨 (たがね) を金属面から離さずに彫り進めるが,蹴彫は一打ちごとに鏨を抜くので,描線は小さな楔 (くさび) 形を連ねた点線状となる。奈良時代に始り平安時代に最も流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の蹴彫の言及

【彫金】より

…鋳造または鍛造(たんぞう)された金属器の表面に,鏨(たがね)で文様を彫ったり,透かしたり,他の金属を嵌(は)めて装飾したりする金工の加飾技法。毛彫(けぼり)や蹴彫(けりぼり)などの線刻,魚々子打(ななこうち),高肉彫や透彫(すかしぼり),象嵌(ぞうがん)などに大別される。 〈点線彫(てんせんぼり)〉は,先のとがった細い鏨を連続して打ち,点線を表現する技法。…

※「蹴彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蹴彫の関連情報