コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛彫 けぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛彫
けぼり

金属工芸の一技法で線彫の一種。金属面に (たがね) で連続した凹線の模様を彫り込む。使用する鏨には先が丸いものと,とがったものがある。毛髪のような細い線で,やわらかな味や鋭い感じを表現する。古墳時代出土品に遺例がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

け‐ぼり【毛彫(り)】

金属・象牙などに鏨(たがね)を用いて模様や文字を細い線で彫ること。また、その彫り物。彫金の中で最も基本的な技法で、古くから行われた。東大寺大仏の台座蓮弁などが有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

毛彫【けぼり】

彫金の技法の一つで,もっとも古いもの。細く鋭いたがねで線を刻み,文様や文字を描く。金属の表面にを表現したり,毛のように細い線を彫るところからこの名称がある。隋唐の金工品や正倉院宝物の螺鈿(らでん)などにもみえるが,日本では平安時代に流行し,金峯山寺延暦寺経箱などすぐれたものが作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けぼり【毛彫】

彫金の一技法。金属の表面に毛を表現したり,毛のような細線を彫るところからこの名称があり,彫金のなかでもっとも古い技法である。先が三角にとがった刃の鏨(たがね)で彫る基礎的な技法で,鋭く力のある線が彫られる。古くは古墳時代の金工遺品にも毛彫は多くみられ,飛鳥時代の仏像や光背,金銅幡(ばん)など,奈良時代の正倉院宝物中にも多数みられる。金属以外の貝面や漆面にほどこされる細い刻線を毛彫ということもある。【香取 忠彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の毛彫の言及

【彫金】より

…鋳造または鍛造(たんぞう)された金属器の表面に,鏨(たがね)で文様を彫ったり,透かしたり,他の金属を嵌(は)めて装飾したりする金工の加飾技法。毛彫(けぼり)や蹴彫(けりぼり)などの線刻,魚々子打(ななこうち),高肉彫や透彫(すかしぼり),象嵌(ぞうがん)などに大別される。 〈点線彫(てんせんぼり)〉は,先のとがった細い鏨を連続して打ち,点線を表現する技法。…

※「毛彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛彫の関連キーワード蹴り彫り・蹴り彫長谷川好春清水 亀蔵東大寺大仏毛彫り鏨墨江武禅蔵王権現菊池序克石見根付土屋安親清水富春中山大和菊池序光金属工芸細野政守亀塚古墳香川漆器蹴彫り剣先鏨瀧谷寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android