コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴爪/距 ケヅメ

デジタル大辞泉の解説

け‐づめ【蹴爪/距】

鶏・キジなどの雄の足の後ろ側にある角質の突起。攻撃や防御に用いる。距爪(きょそう)。
牛・鹿などの足の後方にある、地に着かない小さな足指

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

蹴爪/距の関連キーワード懸け爪・懸爪アイゼン北村謙次千鳥草懸爪攻撃キジ突起角質距爪防御