コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躑躅科 つつじか

大辞林 第三版の解説

つつじか【躑躅科】

双子葉植物合弁花類の一科。温帯・寒帯、まれに熱帯の山地に生え、世界に約50属1500種ある。低木または小高木で、落葉性のものが多い。花は両性で、漏斗状ないし壺状で先端が四、五裂する花冠がある。果実は蒴果まれに液果。ツツジ・シャクナゲ・コケモモ・アセビなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

躑躅科の関連キーワード低木熱帯山地温帯両性寒帯

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android