コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躰道 タイドウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐どう〔‐ダウ〕【×躰道】

第二次大戦後、沖縄の空手家祝嶺正献(しゅくみねせいけん)により創始された武道。体を回転させたりひねったりしながら相手の攻撃をかわし、同時に技を繰り出す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

躰道

武道独特の直線的で静かな動きではなく、アクロバティックな動きを持つというのが躰道の特徴です。沖縄空手から生まれたこの武道は比較的新しいですが、そ の特徴あるスタイルで競技人口も増えてきています。その中でも女性の占める割合が多いというのも特徴の一つです。武道理念も独特で、他の武道とは一線を画 しています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

躰道の関連キーワードTAIGAビトタケシ今城文恵織田龍光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

躰道の関連情報