車屋忠右衛門(読み)くるまや ちゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

車屋忠右衛門 くるまや-ちゅうえもん

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
宝永-正徳(しょうとく)(1704-16)ごろ京都で活動。宝永5年赤穂浪士の芝居のうち最古の作品のひとつといわれる「福引閏正月(ふくびきうるうのしょうがつ)」をかく(同年亀屋座で初演)。作品はほかに「花館日頃種(はなやかたこのごろぐさ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android