車線(読み)シャセン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 道路上の自動車が走行を定められている路線。また、接尾語のように用いて、車道を並行して通行できる自動車の数を表わすのに用いる語。
※探偵事務所23(1962)〈大藪春彦〉一「街道は二車線にせばまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の車線の言及

【道路】より

…都道府県道(12万6229km)では舗装率39%,整備率45%である。 国道の幅員では,バスなどの大型車が楽にすれ違いできる幅員7(アメリカは7.3)m以上ある区間の割合は,アメリカ(州道),西ドイツ,フランスでは66~81%であるのに対して,日本では24%にすぎず,幅員13m以上(4車線以上)となると8%にとどまる。都道府県道と国道を合わせた幹線道路約17万kmが全自動車交通量の74%を負担しているが,その半分弱の7万5000kmの区間の幅員は車がやっとすれ違える5.5mに満たない。…

※「車線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車線の関連情報