コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍守里廃寺址 ぐんしゅりはいじしKunsu-ri p'yesa-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍守里廃寺址
ぐんしゅりはいじし
Kunsu-ri p'yesa-ji

韓国,忠清南道扶余郡扶余邑にある百済の廃寺址。 1935~36年に調査された。中門金堂講堂が南北一直線上に並び,塔と金堂が回廊に囲まれた伽藍配置に特徴がある。塔は1辺 13mの正方形 塼積基壇で,地下 2mに心礎があった。金堂は 20m× 30m,講堂は 20m× 50mの長方形瓦積基壇である。この廃寺址からは素弁八葉蓮華文瓦当をはじめ,ろう石製小石仏坐像,金銅菩薩立像なども発見されており,伽藍配置とともに,日本の古代寺院との深い関係を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軍守里廃寺址の関連キーワード扶余遺跡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android