コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍守里廃寺址 ぐんしゅりはいじし Kunsu-ri p'yesa-ji

1件 の用語解説(軍守里廃寺址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍守里廃寺址
ぐんしゅりはいじし
Kunsu-ri p'yesa-ji

韓国,忠清南道扶余郡扶余邑にある百済の廃寺址。 1935~36年に調査された。中門,塔,金堂,講堂が南北一直線上に並び,塔と金堂が回廊に囲まれた伽藍配置に特徴がある。塔は1辺 13mの正方形 塼積基壇で,地下 2mに心礎があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍守里廃寺址の関連キーワード砂宅智積碑忠清南道扶余平百済塔陵山里古墳群夫余・扶余落花岩温祚王五方・五部定林寺址