コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍守里廃寺址 ぐんしゅりはいじしKunsu-ri p'yesa-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍守里廃寺址
ぐんしゅりはいじし
Kunsu-ri p'yesa-ji

韓国,忠清南道扶余郡扶余邑にある百済の廃寺址。 1935~36年に調査された。中門金堂講堂が南北一直線上に並び,塔と金堂が回廊に囲まれた伽藍配置に特徴がある。塔は1辺 13mの正方形 塼積基壇で,地下 2mに心礎があった。金堂は 20m× 30m,講堂は 20m× 50mの長方形瓦積基壇である。この廃寺址からは素弁八葉蓮華文瓦当をはじめ,ろう石製小石仏坐像,金銅菩薩立像なども発見されており,伽藍配置とともに,日本の古代寺院との深い関係を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軍守里廃寺址の関連キーワード扶余遺跡

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android