心礎(読み)シンソ

世界大百科事典 第2版の解説

しんそ【心礎】

礎石の中で木造塔の中心柱を受けるもので,檫礎(さつそ)ともいう。心礎は他の礎石に比して著しく大きく,特別な設備をもっている。奈良県飛鳥寺,川原寺など飛鳥時代から白鳳時代の古い段階では,中心柱は掘立柱形式で,心礎は地中深く埋められている。7世紀後半の本薬師寺の心礎は,東西両塔とも地上に露出しており,この頃から以降は,地上の心礎が一般的となっていったようである。朝鮮でも,百済の古い段階に創建された扶余の軍守里廃寺や金剛寺では地下式心礎であるが,創建の下る弥勒寺は地上式心礎である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんそ【心礎】

仏塔などの中心柱の礎石。柱を受ける穴や舎利を納める舎利穴などの加工が施されることが多い。擦礎さつそ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心礎の関連情報