コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟彩 なんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟彩
なんさい

粉彩 (ふんさい) ,十錦手 (じっきんで) ともいう。中国,清代の康煕・雍正年間に盛行した,陶磁器上絵付けの一種。上絵付けの彩絵が不透明でやわらかい感じのもの。硬彩はガラス質の釉 (うわぐすり) の応用であるが,軟彩はほうろう質の釉を応用したもの。焼成火度は低いが発色が自由で,陶磁器のほか金属工芸の表面装飾にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軟彩の関連キーワード森有節粉彩

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android