コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟彩 なんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟彩
なんさい

粉彩 (ふんさい) ,十錦手 (じっきんで) ともいう。中国,清代の康煕・雍正年間に盛行した,陶磁器上絵付けの一種。上絵付けの彩絵が不透明でやわらかい感じのもの。硬彩はガラス質の釉 (うわぐすり) の応用であるが,軟彩はほうろう質の釉を応用したもの。焼成火度は低いが発色が自由で,陶磁器のほか金属工芸の表面装飾にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android