コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転ばし床 コロバシユカ

デジタル大辞泉の解説

ころばし‐ゆか【転ばし床】

転ばし根太の上に板を張った床。物置や仮設小屋などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

転ばし床

床組の一種。コンクリート床や土間の上に直接、根太、あるいは大引を置き、その上に床を張る工法。木造建築の場合は床高が十分にとれない場合などに用いる工法で、床下の防湿対策を十分行う必要がある。近年は土間の上に防湿シートを設置し、その上に鉄筋コンクリート製のスラブを設け、防湿性や防蟻性、耐久性や耐震性を高めたものもある。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ころばしゆか【転ばし床】

転ばし根太の上に張った床。仮小屋やバラックなどに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の転ばし床の言及

【床】より

…この場合その部分が根太のみで構成されているものを根太床(単床(たんしよう)),根太の下をさらに床梁で支えてあるものを梁床(複床)といい,梁床のうち,梁として大梁と小梁が組まれているものをとくに組床という。また,これら支持部分が,木造住宅の1階床などにみられるように,地面から床束(ゆかづか)で支えられているものを束立て床(図a)といい,コンクリート系の床版などの上に直接置かれているものを転ばし床(図b)という。このような木造床の仕上げ方としては,根太の上に縁甲板(えんこういた)などを張ってそのまま仕上げとするものや,板や合板を張った上に,プラスチック系のシートやタイルをはったり,じゅうたんや畳を敷いて仕上げとするものなどがある。…

※「転ばし床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転ばし床の関連キーワード転ばし根太バラック2重床仮小屋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android